ROBEのスキンシールへのこだわり

 ROBEでは、スキンシールの素材に徹底的にこだわっています。

世界中からスキンシールに適した素材を探しました。

 

特徴①  携帯性へのこだわり

スキンシールの最大の長所は、その薄さや軽さにより実現する「携帯性」です。

スマホケースとは違い、スマートフォン本来の形状をそのまま活かすことに重きを置いています。

そのため、シール素材は薄く、そして何よりもスマートフォンを手に持った際によく馴染む素材を採用しています。

 

特徴② シール材へのこだわり

この素材は気泡が驚くほど簡単に抜けます。

そして、一度貼り付けた後、スマートフォンから綺麗に剥がすこともできます。

ゴミや埃が付着していなければ再貼付しても綺麗さを損ないません。

また、スマートフォンによっては背面に湾曲部があり、通常のシールだと貼付時にシワが出来てしまう場合があります。

ROBEのスキンシールはドライヤー等で熱を加えるとシール材が柔らかくなるので、シワを無くすことが可能です。

どのようなスマートフォンでもぴったり貼り付けることが出来ます。

 

特徴③ 質感/柄へのこだわり

ROBEのスキンシールは質感にもこだわっています。

見た目に合わせたエンボス加工や艶/マット加工等、柄によって質感も様々なバリエーションがあります。

また、どの柄でも耐防水/耐摩耗加工が施されています。 

そして、スマートフォン自体のカラーによってスキンシールを貼付した時の印象は大分変わります。

そのため、ROBEではWEBサイトを通じてお手持ちのスマートフォンカラーとスキンシールの組み合わせの「着せ替え」が出来るようにしています。

これにより貼付した時の思ってたのと違う!というリスクを出来るだけ減らすよう努めています。

 

こだわりのおまけ

ROBEではスキンシールは背面部のみとしています。

海外のスキンシールショップでは、スマートフォンの側面部まで覆うスキンシールも流通しています。しかし、側面部までを綺麗に貼付することは人によっては難しかったりします。

どのような工夫をしても不満が残る可能性を排除できないため、現時点では側面有りのスキンシールは販売しないこととしています。

素材の進歩等により、誰でも簡単に側面部を貼付できるようになった時に側面部の販売も検討させて頂きます。